©2019 by 竹本秀之のサイト. Proudly created with Wix.com

検索
  • Hideyuki Takemoto

参議院議員の給料


畠山理仁氏の主張によると参議院議員になると年間1億円以上のお金=税金をもらえるらしい。自分ははじめて聞いたのでこのツイートをRTした。自分は7月の参議院選挙に確かに立候補したが議員に当選したらいくらもらえるかと考えたことが無かった。この選挙区では対抗馬である林芳正氏が非常に強く自分の当選を考えたことがなかったのは事実として6年任期で6億円か・・・・大きいお金だと考える。特に原資が税金なのは大きな問題だと思う。


じゃあアンタは何を目的に参議院選挙に出馬したのだ?とあなたは考えるかも知れない。ここでの動機は自分の主張の拡散である。最初から動機が泡沫的なのだが事実だからしかたない。実際に出馬することで予想をこえる「露出」をえることができた。改めて投票してくださった山口県民のかたにお礼を言いたい。


今は選挙が終わり1ヶ月が経ったところだ。この時点で自分は改めて思うのだ:


日本には竹本の主張をまとめるメディアが1つもなかった


確かにメディアは地元の出来事としては報道した。その露出は予想をこえるものであり、ここで再度感謝を表明したいのだが、自分が言ってるのは自分の陰謀論の部分だ。


この陰謀論ではグーグルが竹本の名前がでないように妨害していたが、ついに「選挙妨害」を構成するところまでいったのだが、独立メディアも含め1つも取り上げてくれなかった。


はっきり名前を書くと早稲田クロニクルと雑誌ファクタである。この2つのメディアには期待するところがあったのだが残念ながら裏切られた。自分としては十分な選挙妨害の「証拠」を出したつもりなのだが・・・・


しかし逆に考えると何故グーグルが竹本の選挙妨害をするのかと考えると「日本の情報は全てアメリカに盗まれている」という竹本の主張を検討せざるをえず、それが無報道の遠因かなとも思える。


残念な話だよ・・・


この文章は書籍化されます。

1回の閲覧