©2019 by 竹本秀之のサイト. Proudly created with Wix.com

検索
  • Hideyuki Takemoto

山本太郎は人間だ

https://www.youtube.com/watch?v=FHtycn2nZq8


上の日本ジャーナリスト協会の主催した山本太郎氏へのインタビュー、2時間近いものを見終わった。感想は「山本太郎は人間だ。今の与党や野党のひとは半分ロボットと化した人間だ」と言うもの。


日本ジャーナリスト協会は過去は自由報道協会と名乗っていた。この部分にひっかかる部分があるものの主要メディアが出揃って山本太郎に質問を浴びせている。


特に興味深かったのは32分あたりの「今回の選挙の中心は格差であり次が消費税だ」というコメントである。全く同感だ。消費税が日本で導入されたのが1989年。この弱者に厳しい逆累進性を持った税金の税率がどんどん上がり、日本の格差はどんどん広まった。私も7月の選挙での新山口でのギター弾き語りとラップで何回もふれた。いまや日本は格差大国であり秋の消費税増税でますます格差が広がるのだろう。


そう言えば私は山本太郎氏に2回寄付をした。自分は寄付を受け取らずすべて市場でお金を稼ぎながら政治家に寄付はするのだ。最初に私は山本太郎氏に「助けてください」というTweetを送った。



山本太郎は返事をしなかった。彼は竹本秀之の主張をどう考えているのだろう?竹本の主張は知っているが現時点で対応できない問題だから無視しているのだろうか?そうかも知れない。


山口県庁の立候補時の記者会見でも「山本太郎さんと合流するんですか?」と聞かれた。私は「無いだろう」と答えた。理由は竹本を仲間に入れても何のプラスもないからだ。恐らく次の衆議院選挙も一匹オオカミとして戦うのだろう。自分は元々、一匹オオカミ的な人間だからだ。


選挙で通ったら話は違うが、これはまず起きないだろう。


自分は山本太郎を支持し寄付をし動画を見て感想を書いている。ファンである。彼は本当に頭が良い。話がちゃんとつながっている。他方で山本太郎には斎藤まさしという軍師が付いている。この部分には若干の疑問符がつく。


山本太郎がんばれと応援するが消費税廃止とか10年前から私が主張していることで別に山本太郎の真似をしているのではない。


あなたはがんばれ、俺もがんばる・・・・ というのが現在の状況である。


この文章は書籍化する予定です。



5回の閲覧