検索
  • Hideyuki Takemoto

福島の原発はどうやって止めるのだ?


福島の原発が止まらない。汚染水が限度に近づいている。そういう話を聞くわけです。


ここで解決法を提示いたします。核融合あるいは何らかの非常に安い電力が答えです。「ええ、頭がおかしいのでは?」とお思いのあなたに答えを解説します。


福島の原発が止まらないのは恐らく将来もどうすることもできないでしょう。他方で汚染水の処理は電気の問題だ。電力が安くなって滅茶苦茶安くなったら、その安い電気で冷却装置を作り福島の原子炉の周りに設置すればよい。


確かに人員とか一定の費用はかかるが、壊れた原子炉の冷却がもの凄く安くできるなら、大きな問題にならないと思いますね。確かにそれまでは「巨大問題」だ、これは事実です。


しかし世の中は変わるときは一挙に大きく変わるんです。で核融合がここでの回答となりうると考えます。


国内にある原発はすべて停止して博物館にして「昔はこんな恐ろしいことをして電気をおこしたんだ」と解説するのは非常に良いことだと思います。


原発は停止し、その土地が封鎖されるべきというのは現実的な解決策であり、そこに変更はないと思います。ですが、その費用はそれほど悲観することはないのではないかと思います。


この文章は書籍化されます。

0回の閲覧

©2019 by 竹本秀之のサイト. Proudly created with Wix.com