検索
  • Hideyuki Takemoto

西欧文明は真善美なのか?

私は何となく西欧文明は真善美からなると考えていた。ところが現実の西欧文明を見ると正反対なのだ。例えばキリスト教の布教と世界の植民地化、アフリカにおける現地民の奴隷化と新大陸への輸出など西欧文明の汚さが目につくようになった。


個人的なことを書く。私は先物オプショントレーダーだ。最近は夜中におきてNY市場をチェックしている。当然夜中におきるのだが、そこでPCがネットに繋がってない。繋がってないことが多い。どうも誰かが私のマックブックを操作してるようだ。具体的にどうやってるかは不明だが「大きな悪意」を感じる。


私のマックを操作してるのは英国や米国、UKUSAと呼ばれる国だと思う。この英国が西欧文明の汚さを体現しているようだ。


それで何が悪いのか?特に悪い点はない。毎日、深夜におきてルーターをリセットするのは不愉快ながらトレードはうまくいっている。今年の利益が1000万円をこえるのは確実になった。当然ながら次の選挙に出る資金も出来た。


自分の職業上は大きな問題ではないのだが「残念だなあ」と思う。世界は自分が信じていたより遥かに汚いようだがそれでも自分は生きていける。自分は生きていけるのだが世界で苦しんでる人々はどうなるのだ?


自分はお金を稼ぎ自分がやれることをやるだけです。



2回の閲覧

©2019 by 竹本秀之のサイト. Proudly created with Wix.com