©2019 by 竹本秀之のサイト. Proudly created with Wix.com

検索
  • Hideyuki Takemoto

誰が敵で誰が味方なのだ?


自分の考えるところ日本はアメリカの植民地となろうとしている。自分は日本が独立した国家であってほしいと考える。


安倍政権は11月に衆議院選挙を行うかも知れない。11月ならメディアの応援が効くし山本太郎も十分な候補を集められないことが推測されるからだ。


今、安倍政権を支えているのは誰か見ていこう:


メディア(新聞とTV両方)


そうなのだ、安倍政権を支えているのはメディアなのだ。内閣支持率など様々なデータと報道が支えている。他方で得票で見ると自民党は少ない。メディアの神輿となりわっしょいわっしょいと揺られているだけだ。


ある日、山本太郎はこう言った: ネットは情報の広がる力はすごい。しかし票に結びつくのは街頭での活動なんです


ネットの寵児と思われがちな山本氏だが実際には街宣が主なのだ。これは比較的冷めた支持者として言えると思う。


メディア以外にも官僚とか考えなければいけない要素はあるものの選挙で勝てばこちらのものだ。


早ければ11月と言われる衆議院選挙、はたしてどうなるのだろうか?日本の運命がかかっているのだが・・・・


自分としては7月の選挙と同じように自分でポスターを貼り自分でPAをセットしてギターを鳴らし「なぜ消費税を廃止しなければいけないのか」を訴えるだけである。





6回の閲覧